仮想通貨 運用報告

【運用報告】BitLending(ビットレンディング)の1ヶ月目の貸出実績+404円

 

悩んでいる人

ビットレンディングに興味があります。

実際に運用すると、どれくらい増えるのか知りたいです。

 

この記事ではこんな悩みを解決できます!

 

この記事の内容

  • ビットレンディングへの貸出開始日、貸出通貨、貸出数量
  • ビットレンディング1ヶ月目の貸出実績
  • ビットレンディング1ヶ月目の貸出状況レポート
  • ビットレンディングと他の取引所との比較
  • ビットレンディングのメリット・デメリット

 

今回は、ビットレンディングでの1ヶ月目の貸出実績を公開します。

 

ビットレンディングとは、暗号資産(仮想通貨)をビットレンディングに一定期間貸し出すことで、貸借料として8%という高い利率分の暗号資産(仮想通貨)を受け取れるサービスです。

 

簡単に言うと、銀行の定期預金のようなイメージですね。

 

ちなみに、大手銀行の利率は下記の通りです。

 

銀行名 利率(普通預金) 利率(定期預金)
三菱UFJ銀行 0.001% 0.002%
三井住友銀行 0.001% 0.002%
みずほ銀行 0.001% 0.002%

 

仮に大手銀行に、1年間50万円を定期預金に預け入れたとしても、わずか10円にしかなりません。

 

それに対し、ビットレンディングでは年利8%なので、40,000円の利息が増えることになります!

 

・大手銀行の利率

→0.001%~0.002%

・ビットレンディングの利率

 →8%

 

その差はなんと「最大8000倍

 

めちゃくちゃ魅力的ですよね!

 

しかも下記のように簡単なので、一度預けてしまえば余計な手間がかかりません。

 

  • 貸し出すだけ
  • ほったらかしOK

 

自動で複利運用が行われるので、何もせずに毎月不労所得がチャリンチャリンと手に入ります!

 

毎月1日になると、自動的に先月分の利息が元本に組み入れられます。

 

悩んでいる人
う~ん、でも、いくら運用するとどれくらい利息が増えるのかをちゃんと理解してから始めたいな~。

 

わかります!

せっかく苦労して貯めた大切な資産を、別のサービスに預けるのは正直不安ですよね?

YOSUKE

 

そんな方のために、僕が実際にビットレンディングで運用してみて、どれくらい利息を得られたのかを公開します。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

それではいきましょう!

 

ビットレンディングの仕組みや特徴について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

 

\国内最高年利8%/

ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

完全ほったらかしで複利運用

 

BitLending(ビットレンディング)への貸出開始日、貸出通貨、貸出数量

 

 

ビットレンディングへの貸出開始日、貸出通貨、貸出数量は下記の通りです。

 

  • 貸出開始日:2022年8月9日
  • 貸出通貨:ビットコイン(BTC)
  • 貸出数量:0.02979132BTC(96,894円)

 

※貸出金額は、通貨の貸出時のレートで計算

2022年8月8日の終値(1BTC=3,252,432円)

参考:【コインチェック】取扱い仮想通貨の終値一覧

 

96,894円ビットレンディングに貸し出しました。

 

【貸出実績】BitLending(ビットレンディング)1ヶ月目

 

 

それではさっそく、貸出実績を公開します。

 

運用期間、約1ヶ月間(26日)で受け取れた利息は、404円でした!

 

  • 投資金額:96,894円
  • 運用期間:約1ヶ月(26日)
  • 利息(不労所得):404 円

 

※利息金額は、2022年8月31日の終値(1BTC=2,788,156円)で計算

参考:【コインチェック】取扱い仮想通貨の終値一覧

 

BitLending(ビットレンディング)1ヶ月目の貸出状況レポート

続いて、ビットレンディング貸出1ヶ月目の貸出状況レポートを公開します。

 

レンディング開始からおよそ1ヶ月ほど経つと、ビットレンディングから以下のような、メールが届きました。

 

 

ビットレンディングにログインして、マイページを開くと、下記のように貸出資産一覧に貸借料が付与されていました。

 

 

貸出資産の詳細は、下記の通り。

 

 

ざっくり情報をまとめると、下記のようになります。

 

  • 貸出開始日:2022年8月9日
  • 貸出期間:26日
  • 貸出通貨:ビットコイン(BTC)
  • 貸出数量:0.02979132BTC
  • 貸出料率:8%
  • 貸借料:0.00014494BTC
  • 合計数量:0.02993626BTC
  • 増加金額(不労所得):404円

 

※増加金額は、2022年8月31日の終値(1BTC=2,788,156円)で計算

参考:【コインチェック】取扱い仮想通貨の終値一覧

 

\国内最高年利8%/

ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

完全ほったらかしで複利運用

 

もし、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)ではなく、ステーブルコイン(USDT・USDC)をレンディングしたい場合は、バイナンスの口座開設がおすすめです。

国内取引所からバイナンスへリップル(XRP)を送金し、USDTやUSDCにトレードする流れとなります。

 

 

BitLending(ビットレンディング)と他の取引所との利率の比較

ビットレンディングと他の取引所との利率の比較は、下記の通りです。

 

 他の取引所との利率の比較

取引所 利率
ビットレンディング 最大年率8%
コインチェック 最大年率5%
GMOコイン 最大年率3%
ビットバンク 最大年率3%
ビットポイント 最大年率2%

 

ビットレンディングの利率は、国内最高水準の8%です!

 

他の国内取引所と比較すると、利率が高いことがわかりますね!
YOSUKE

 

ちなみに、ビットコイン(BTC)を送金する際の、各国内取引所における手数料は下記の通り。

 

国内取引所におけるビットコイン(BTC)の送金手数料

取引所 送金手数料(BTC) 送金手数料(日本円換算)
コインチェック 0.0005BTC 1,500円
ビットフライヤー 0.0004BTC 1,200円
ビットバンク 0.0006BTC 1,800円
GMOコイン 無料 無料
ビットポイント 無料 無料

※1BTC=300万円で計算した場合

 

仮想通貨をガチホしてガッツリ運用していきたいなら、ビットポイントビットレンディングの組み合わせが最強です!

 

なぜなら、ビットポイント送金手数料など各種手数料がすべて無料だからですね。

 

 

BitLending(ビットレンディング)のメリット・デメリット

 

 

ビットレンディングのメリット・デメリットもざっくりと解説しておきますね。

 

ビットレンディングのメリット・デメリットは下記の通り。

 

まずはメリットから。

 

ビットレンディングのメリット

  1. 年利8%
  2. 複利で貸出利益を得られる
  3. すぐに貸出が始められる
  4. 米ドル連動型のコインに対応している
  5. 途中解約可能で、途中解約手数料が無料

 

続いてデメリットはこちら。

 

ビットレンディングのデメリット

  1. 取引所によっては送金手数料がかかる
  2. 取扱い通貨が少ない
  3. 1ヶ月間は仮想通貨を引き出せない
  4. 貸出中に仮想通貨の価格が下がる可能性がある
  5. 貸出中に会社が破綻する可能性がある

 

デメリットをしっかり確認して、納得してから利用するようにしましょう!
YOSUKE

 

BitLending(ビットレンディング)を利用してお金に働いてもらおう!

 

 

暗号資産(仮想通貨)をガチホするなら、できるだけ早くビットレンディングを利用したほうが良いでしょう。

 

なぜなら

  • 年利8%
  • 自動で複利運用
  • 完全放置OK

なので、手間がかからずに資産を雪だるま式に大きく増やすことができるからです。

 

取引所に眠らせておくのはもったいないです。

 

少しでも興味があるなら、ぜひ利用することをおすすめします。

 

ちなみに、ご利用をお考えならビットポイントビットレンディングを組み合わせれば送金手数料がかからなくて済みますよ!

 

ビットポイントの口座開設方法を知りたい方は、こちらで画像を使ってわかりやすく解説しています。

→ 【スマホで簡単】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録のやり方

【スマホで簡単】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録のやり方

続きを見る

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

\国内最高年利8%/

ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

完全ほったらかしで複利運用

 

おすすめ記事

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員|副業ブロガー|収益月5桁達成|40代1児のパパ|趣味は筋トレと音楽鑑賞|サラリーマンとしての働き方や将来に疑問と不安を抱き、フリーランスを目指してブログを書き始める|過去の自分がやれば良かったことや、人生を豊かにするための方法を発信し、自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を少しでも多く救いたい!

-仮想通貨, 運用報告