仮想通貨

【利率8%】BitLending(ビットレンディング)とは?仕組みや特徴について解説【怪しい?】

 

悩んでいる人
  • 最近ビットレンディングっていうのを目にするけど怪しいのかな~?
  • 暗号資産(仮想通貨)をガチホしているけれど、もっと効率的に運用できたらいいな

 

この記事ではこんな悩みを解決できます!

 

この記事の内容

  • ビットレンディングとは
  • ビットレンディングの概要
  • ビットレンディングの運営元
  • ビットレンディングの仕組み
  • ビットレンディングの特徴

 

結論、ビットレンディングは信頼できる会社が運営しているので、怪しくありません

 

暗号資産(仮想通貨)をガチホして効率的に増やしていきたい方におすすめできるサービスです!

 

高い利率で暗号資産(仮想通貨)をレンディングしたい」という方は必見です!

 

※「すぐにビットレンディングの仕組みについて知りたい!」という方は、「BitLending(ビットレンディング)の仕組み」へ進んでみてください!

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

\国内最高年利8%/

ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

完全ほったらかしで複利運用

 

BitLending(ビットレンディング)とは

 

 

ビットレンディングとは、株式会社J-CAMが提供している暗号資産(仮想通貨)レンディングサービスのことです。

 

自分が保有するビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を、ビットレンディングに一定期間貸し出すことで、貸借料として8%という高い利率分の暗号資産(仮想通貨)を受け取れます

 

わかりやすく例えるなら、「銀行定期預金の暗号資産(仮想通貨)版」といった感じです。

 

銀行のメガバンクの利率は「0.001%」なので、その差はなんと「8000倍」!

 

「貸し出すだけ」「ほったらかしOK」で複利でどんどん増やしていけるので不労所得が手に入ります!

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

BitLending(ビットレンディング)の概要

 

 

ビットレンディングの概要は以下の通り。

 

サービス名 Bit Lending(ビットレンディング)
運営元 株式会社J-CAM
サービス開始日 2022年2月10日
レンディング対応通貨 BTC・ETH・USDT・USDC・DAI
最低貸出量
  • BTC:0.01BTC
  • ETH:0.1ETH
  • USDT:200USDT
  • USDC:200USDC
  • DAI:200DAI
年利 8%

 

レンディングに対応している通貨は5種類。

USDTやUSDC、DAIなどのステーブルコインに対応しているのはポイント高いですね!

YOSUKE

 

ステーブルコインとは、取引価格の安定を目的に、米ドルや金などの資産と連動するように設計された仮想通貨の一種。

ステーブルは「安定した」という意味。

価格が安定しているので、資産保全に適しています。

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

BitLending(ビットレンディング)の運営元は?

 

 

ビットレンディングの運営元である「株式会社J-CAM(ジェイカム)」の概要については以下の通り。

 

会社名 株式会社J-CAM
設立日 2020年5月26日
資本金 500万円
住所 〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-10-5 KDX虎ノ門1丁目ビル11F
代表者 代表取締役 新津 俊之
顧問 金融アドバイザー 倉本 佳光
事業内容 ・国内唯一の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』の企画・発行
・暗号資産レンディングサービス『BitLending』の運営
公式サイト https://j-cam.co.jp/

 

悩んでいる人
利率8%でレンディングできるのはとても魅力的だけど、J-CAMって会社、なんか怪しくない?

コインチェックでも最大利率5%だったと思うけど!

 

そんな方のために以下の情報を載せておきます。
YOSUKE

 

「BitLending」リリースの背景

J-CAMは、国内唯一の暗号資産専門誌「月刊暗号資産」の発行を通じ、国内外を問わず信頼のおける企業とパートナーシップを結び、ノウハウを蓄積して参りました。

この度、自社で保有する暗号資産の運用委託先をさらに厳選し、より安全で効率の良い運用方法を一般ユーザーに広く提供できる準備が整いましたので、暗号資産貸借サービス「BitLending」をサービスリリースすることとなりました。

出典元:J-CAM(ジェイカム)、暗号資産貸借サービス「BitLending」先行版をサービスリリースし、利用ユーザーの募集を開始 – J-CAM

 

高い利率を提供できる理由は、「月刊暗号資産」を通じて国内外の企業とのパートナーシップやノウハウの蓄積によるものらしいです!
YOSUKE

 

「月刊暗号資産」について

「月刊暗号資産」は、国内初の暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン関連情報を扱う専門誌として2018年2月に創刊され、以降41刊を発行し多くの投資家の皆さまに購読いただいております。

全国の書店・コンビニエンスストアで販売しており毎号30,000部を発行しています。また、暗号資産(仮想通貨)専門誌として国内唯一、国立国会図書館に所蔵されています。

出典元:J-CAM(ジェイカム)、暗号資産貸借サービス「BitLending」先行版をサービスリリースし、利用ユーザーの募集を開始 – J-CAM

 

国立国会図書館に国内で唯一、暗号資産(仮想通貨)専門誌として所蔵されているというだけあって、暗号資産(仮想通貨)に対する知識は相当なので信頼できますね!
YOSUKE

 

「月刊暗号資産」のオンラインページを見るだけでもかなり勉強になりますよ。

月刊暗号資産online (digitalassets-online.jp)

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

BitLending(ビットレンディング)の仕組み

 

 

ビットレンディングの仕組みは以下の通り。

 

ビットレンディングの仕組み

  1. ユーザーが保有する暗号資産(仮想通貨)を、ビットレンディングに貸し出す
  2. ビットレンディングがユーザーの代わりに、暗号資産(仮想通貨)を管理&運用して収益を得る
  3. 借りた暗号資産(仮想通貨)に、決められた利率を上乗せしてユーザーに返還

 

つまり、ビットレンディングの運用元であるJ-CAMが、自分の代わりに他のレンディングで運用して収益化させるといった感じですね!
YOSUKE

 

ビットレンディングの運用例

 

ビットレンディングの運用例は以下の通り。

 

 ※1BTC=500万円と仮定した場合

2022年8月 、ビットレンディングに0.1BTC (=50万円) を貸出

年利8%で1年間ほったらかし

2023年8月 、0.108BTC (=54万円)

 

1年間ほったらかししているだけで、4万円の利息がもらえちゃうので超お得ですね!
YOSUKE

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

\国内最高年利8%/

ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

完全ほったらかしで複利運用

 

BitLending(ビットレンディング)の特徴5つ

 

 

ビットレンディングの特徴は、大きく5つあります。

 

ビットレンディングの特徴5つ

  1. 利率が8%
  2. 複利効果が期待できる
  3. ステーブルコインに対応している
  4. 貸出は翌日実施可能
  5. 途中解約手数料が無料

 

保有している暗号資産(仮想通貨)をガチホしている人にとっては、かなりおすすめできるサービスです!
YOSUKE

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

まとめ:BitLending(ビットレンディング)を利用して資産を積み上げよう!

 

 

ビットレンディングは、利率8%という高い利息を受け取れるサービスです。

 

今後ビットレンディングの利用者が増えてくると、8%という高い利率が変更される可能性も考えられます。

 

興味がある方は、今のうちに始めてみると良いかもしれませんよ!

 

>>>ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

 

\国内最高年利8%/

ビットレンディングの公式サイトにアクセスする

完全ほったらかしで複利運用

 

おすすめ記事

 

ビットレンディングの始め方や貸出方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

→ 【不労所得】BitLending(ビットレンディング)の始め方・貸出方法【ほったらかしOK】

【不労所得】BitLending(ビットレンディング)の始め方・貸出方法【ほったらかしOK】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員|副業ブロガー|収益月5桁達成|40代1児のパパ|趣味は筋トレと音楽鑑賞|サラリーマンとしての働き方や将来に疑問と不安を抱き、フリーランスを目指してブログを書き始める|過去の自分がやれば良かったことや、人生を豊かにするための方法を発信し、自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を少しでも多く救いたい!

-仮想通貨