仮想通貨

Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係|使ってみた感想も紹介

※当サイトには広告が含まれています

 

 

「Braveブラウザって便利そうだけど、どこの国が作ってるの?」こんな疑問、あなたも持っていませんか?

 

実は、私も最初は「中国かな?」と少し心配でした。しかし、実際に使ってみた感想は全く違っていました。

 

結論を先に言うと、Braveブラウザは、アメリカのサンフランシスコにある「Brave Software社」が運営していて、中国とは関係ありません

 

そこで本記事では、「Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係|使ってみた感想」を深掘りしていきます。

 

最後まで読めば、Braveブラウザに対する見方が変わるかもしれませんよ!

 

Braveブラウザで仮想通貨BATを貯めるには、ビットフライヤーの口座が必要です。

無料で先に作っておけば、仮想通貨BATを取りこぼさなくて済みますよ!

招待コード「ybvrtk1m」を入力して口座開設すると、1500円相当のビットコインがもらえます!

今、行動すれば1500円分の特典があなたのものに。減額される前にお急ぎください!

\スマホで簡単10分!/

【無料】bitFlyerで口座開設する

招待コード:ybvrtk1m

 

>>【無料登録、最短10分】ビットフライヤーの口座開設方法

 

Braveブラウザアプリの使い方・始め方|特徴や注意点

Braveブラウザアプリの使い方・始め方|特徴や注意点も徹底解説

続きを見る

 

Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係の調査結果

Braveブラウザはどこの国が運営している会社?

それではさっそく、Braveブラウザはどこの国で運営しているのかを見ていきましょう。

 

調査結果は以下の通り。

 

【Braveブラウザはどこの国?中国との関係】Braveブラウザの調査結果 4つ

  1. アメリカのサンフランシスコにある会社が開発・運営
  2. 創設者はブレンダン・アイク氏
  3. 歴史を追っても中国との関係はない
  4. GitHubを見ても中国人のプログラマーは見当たらない

 

結論を先に言うと、Braveブラウザは、アメリカのサンフランシスコにある「Brave Software社」が運営していて、中国とは関係ありません

 

一点ずつ明らかにしていきますね。

 

①:アメリカのサンフランシスコにある会社が開発・運営

Braveブラウザの運営会社は、アメリカのカリフォルニア州・サンフランシスコにある「Brave Software」です。

 

概要は以下の通り。

Braveブラウザの概要

ブラウザ名  Brave(ブレイブ)
運営会社 Brave Software
本社所在地 アメリカ(カリフォルニア州 サンフランシスコ)
設立 2015年
創設者 ブレンダン・アイク氏
公式サイト https://brave.com/ja/
公式Twitter
https://twitter.com/bravesoftwarejp

 

グーグルマップで、本当にアメリカに実在するのかを調べてみました。

・Brave本社

(Braveサンフランシスコ)

→580 Howard St. Unit 402, San Francisco, CA 94105

 

 

Brave Softwareの口コミは以下の通り。

Brave Softwareの口コミ

 

アメリカに会社が実在することが確認できますし、口コミの評価も高いです。

また、東京の港区麻布十番にも日本支社(Brave Software Asia株式会社)があり、信頼できる会社と言えるでしょう。

 

②:創設者はブレンダン・アイク氏

Braveの創設者はブレンダン・アイク氏

引用元:Brave公式サイト

 

創設者のブレンダン・アイク氏は、数々の実績を残している有名なアメリカ人プログラマー。

 

ブレンダン・アイク(英: Brendan Eich、1961年 - )はアメリカ合衆国のプログラマであり、プログラミング言語 JavaScript の生みの親である。

引用元: Wikipedia

 

ブレンダン・アイク氏のおもな実績は、以下の通り。

・プログラミング言語の「JavaScript」開発

・「Mozilla」元CEO

・Webブラウザ「Firefox」開発元の共同創立者

 

素晴らしい実績を残していて、とても影響力のある人なので、いまさら危険なソフトウェアを開発する理由が見当たりませんね!

 

③:歴史を追っても中国との関係はない

Braveブラウザの歴史は、以下の通り。

2015年、ブレンダン・アイク氏が「Brave Software」を設立し、「Brave」の開発を始める。

2016年2月、iOS版とAndroid版の「Brave」をリリース。

2016年8月、シードラウンドで450万ドルを調達。

2017年6月、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)によって、3500万ドルを調達。

2020年7月、国内仮想通貨取引所「bitFlyer」との提携を発表。

(この提携によりbitFlyer口座でBATを受け取れるようになる。)

2021年3月、オープン検索エンジン「Tailcat」の買収を発表。

2021年6月、「Brave Search」のベータ版をリリース。

 

Tailcatとは、ドイツのHubert Burda Media(Burda)傘下で、プライバシーを重視するCliqzが開発した検索エンジンサービスのこと

 

Braveブラウザの歴史を追っても、中国との関係はないと言えますね!

 

④:GitHubを見ても中国人のプログラマーは見当たらない

Brave(ブレイブブラウザ)のプログラミングコードはオープンソース

引用元:Brave公式サイト

 

Braveブラウザのプログラミングコードは、オープンソースになっています。

 

オープンソースとは、ソフトウェアの設計図のようなものが一般公開されていること

 

オープンソースのソフトウェアは、ほかにもFirefox、WordPressなどがあります

 

以下のように、BraveブラウザはGitHubでオープンソースのソフトウェアとして開発・公開されています。

BraveブラウザはGithubでオープンソースのソフトウェアとして開発

 

GitHubとは、世界中の人々がプログラムコードやデザインデータなどを保存・公開できるようにした、ソースコード管理サービスのこと

 

オープンソースは誰でも中身が見れるので、透明性や信頼性が高いと言えます。GitHubを見てみても、中国人のプログラマーは見当たりません!

 

Braveブラウザと中国との関係は「紹介プログラム」のみ

Braveブラウザと中国との関係性は「紹介プログラム」のみ

Braveブラウザと中国との関係性をネット検索しましたが、情報はほぼ皆無でした。

ただ、1つだけ出てきた情報が、Braveが2018年から2020年まで実施していた紹介プログラムのみ。

 

紹介プログラムとは、Braveを紹介したコンテンツクリエイターにBATを配布するという、Brave独自のユーザー獲得キャンペーンのこと

 

この紹介プログラムは、中国を含めた5か国で不正行為者が続出したため、現在は終了しています。

Braveの紹介プログラムに関する重要なお知らせ 中国

引用元:Brave公式サイト

 

Braveブラウザで仮想通貨BATを貯めるには、ビットフライヤーの口座が必要です。

無料で先に作っておけば、仮想通貨BATを取りこぼさなくて済みますよ!

招待コード「ybvrtk1m」を入力して口座開設すると、1500円相当のビットコインがもらえます!

今、行動すれば1500円分の特典があなたのものに。減額される前にお急ぎください!

\スマホで簡単10分!/

【無料】bitFlyerで口座開設する

招待コード:ybvrtk1m

 

【Braveブラウザはどこの国?中国との関係】Braveブラウザを使ってみた感想

Braveブラウザを実際に使ってみた感想

Braveブラウザを実際に使ってみた感想は、以下の通り。

 

【Braveブラウザはどこの国?中国との関係】Braveブラウザを実際に使ってみた感想 3つ

  1. 仮想通貨BATが貯まるのが嬉しい
  2. YouTubeの広告ブロック機能が快適
  3. YouTubeの音楽を楽しめる

 

順番に解説していきます。

 

①:仮想通貨BATが貯まるのが嬉しい

僕がBraveブラウザを実際に使ってみて1番良いと感じたのは、Braveブラウザを利用するだけで仮想通貨BATが貯まることです。

PCを使ったブログ作業で、毎日少しずつでも仮想通貨BATが貯まっていくって嬉しいですよね!

ちょっとしたことですが、心の安定にもつながってます。

 

ちなみにスマホの場合、アンドロイドのみ仮想通貨BATを貯められます。

iPhoneやiPadなどのiOSでは仮想通貨BATは貯められません。

 

Brave Rewardsで仮想通貨BATが貯まるプラットフォームは?

引用元:Brave公式サイト

 

Braveブラウザの使い方・始め方

Braveブラウザアプリの使い方・始め方|特徴や注意点も徹底解説

続きを見る

 

Braveブラウザでの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方【効率の良い方法】

Braveブラウザでの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方【効率の良い方法】
Braveブラウザ|仮想通貨BATの貯め方・稼ぐ方法【スマホOK】

続きを見る

 

BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法 

BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法
Brave Rewards増えない・BATが貯まらない原因と対処法9つ

続きを見る

 

②:YouTubeの広告ブロック機能が快適

2つ目は、YouTubeの広告をブロックできることです。YouTubeの広告ってわずらわしいですよね?

広告表示の時間をムダに浪費しなくて済むようになれたのは、ものすごく快適です!

プレミアム会員(月額1,180円)にならずに、完全無料で広告ブロックできるのは神レベル

 

他にも、バックグラウンド再生やオフライン再生もできちゃいますよ!

 

BraveブラウザでYouTubeをバックグラウンド再生するやり方 

BraveのYouTubeバックグラウンド再生|見れない・できなくなった対処法

続きを見る

 

③:YouTubeの音楽を楽しめる

3つ目は、いつでもどこでもYouTubeの音楽が楽しめること。Braveブラウザの機能の1つに、braveプレイリストがあります。

braveプレイリストを使えば、オフラインでもYouTubeで好きな音楽や動画が楽しめるんです!

 

しかも以下の便利な機能が使えるので、かなりヤバイです!

  • バックグラウンド再生
  • ピクチャ・イン・ピクチャ
  • 自動再生(連続再生)

 

YouTubeはアーティストの最新曲やライブの曲も聴けたりするので、お金を出してわざわざSpotifyなどのサブスクに入らなくてもよくなります!

通勤・通学中の電車やバスの中でネット検索しながら音楽が聴けたり、車の運転中にグーグルマップのナビを使いながら音楽が聴けるのは最高!

ただし、デメリットとしてシャッフル再生はできないので、そこにこだわる人は少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

ちなみにbraveプレイリストが使えるのは、iPhoneやiPadなどのiOSのみです。

アンドロイドではbraveプレイリストは使えません。

 

Braveプレイリストの作り方・使い方【オフライン再生可能】

プレイリストの作り方・使い方
Braveプレイリストでオフライン再生する方法|Androidでは使えない?

続きを見る

 

Braveブラウザで仮想通貨BATを貯めるには、ビットフライヤーの口座が必要です。

無料で先に作っておけば、仮想通貨BATを取りこぼさなくて済みますよ!

招待コード「ybvrtk1m」を入力して口座開設すると、1500円相当のビットコインがもらえます!

今、行動すれば1500円分の特典があなたのものに。減額される前にお急ぎください!

\スマホで簡単10分!/

【無料】bitFlyerで口座開設する

招待コード:ybvrtk1m

 

【Braveブラウザはどこの国?中国との関係】Braveブラウザのダウンロード・インストール方法 4STEP

それでは、ダウンロード・インストール方法を解説していきますね。

今回は、Windowsでのダウンロード・インストール方法の手順を紹介していきます。

 

Braveブラウザアプリのダウンロード・インストール方法の手順は、以下の4ステップ。

 

Braveブラウザのダウンロード・インストール方法 4STEP

  1. Braveブラウザアプリをダウンロードする
  2. ブックマークと設定をインポートする
  3. 検索エンジンの設定をする
  4. Brave Rewardsの設定をする

 

順番に解説していきます。

 

STEP①:Braveブラウザアプリをダウンロードする

まずは以下から、Brave公式サイトを開きます。

→ Brave公式サイト

 

画面中央の「Braveをダウンロード」をクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順1

 

はい、Cookieの同意通知をブロックします。」をクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順2

 

STEP②:ブックマークと拡張機能をインポートする

続いて、ブックマークと拡張機能をインポートしていきます。

 

今回は、Google Chromeからブックマークと拡張機能をインポートするやり方を解説していきますね。

 

まずは、Braveブラウザのトップ画面を開き、右下の歯車マークをクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順12

 

ブックマークと設定のインポート」をクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順4

 

すると、以下の画面が表示されます。

 

braveブラウザのダウンロード手順5

 

①:インポートしたいブラウザを選択

→今回は「Google Chrome」を選択。

②:インポートするデータを選択

→今回は「お気に入り/ブックマーク」と「拡張機能」を選択。

③:インポートをクリック

 

必要に応じて、「ブックマークバーを表示する」にチェックを入れ「完了」をクリックすれば、インポート完了です!

 

braveブラウザのダウンロード手順6

 

拡張機能は、右上にあるアイコンをクリックすると確認できますよ。

 

braveブラウザのダウンロード手順7

 

Braveブラウザアプリは、Google ChromeやMicrosoft Edgeと同じ「Chromium」というオープンソースを元にして作られているので、基本的に拡張機能はそのまま使えます。

 

STEP③:検索エンジンの設定をする

つぎに、検索エンジンの設定をしましょう。

 

Braveブラウザのトップ画面を開き、右下の歯車マークをクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順12

 

左端の「検索エンジン」タブをクリックし、「標準ウィンドウ-アドレスバーで使用される検索エンジン」で好きな検索エンジンを選択。

 

Google検索を使いたい場合は「Google」を選びます。

 

braveブラウザのダウンロード手順8

 

STEP④:Brave Rewardsの設定をする

Brave Rewardsの設定をしていきます。

 

Braveのトップ画面を開き、右下の歯車マークをクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順12

 

画面上部の「Brave Rewards」タブ→「Brave Rewardsの使用開始」の順にクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順13

 

Brave Rewardsの使用開始」をクリック。

 

簡単な説明を見てから始めたい場合は「クリックツアーに参加」をクリックしましょう。

 

braveブラウザのダウンロード手順14

 

お住いの国」を選択して、「続ける」をクリック。

 

braveブラウザのダウンロード手順15

 

すると、以下のようにBrave Rewardsの設定画面が表示されます。

 

braveブラウザのダウンロード手順16

 

①:ONになっていることを確認

②:クリックして広告設定をする

 

通知広告頻度」を、「1時間に最大10件の広告」に設定します。

 

braveブラウザのダウンロード手順17

 

たくさん仮想通貨(BAT)を稼ぎたいなら、「1時間に最大10件の広告」に設定しておきましょう!

 

これでBraveブラウザアプリのダウンロード・インストール方法はすべて完了です。お疲れ様でした!

 

Braveブラウザで仮想通貨BATを貯めるには、ビットフライヤーの口座が必要です。

無料で先に作っておけば、仮想通貨BATを取りこぼさなくて済みますよ!

招待コード「ybvrtk1m」を入力して口座開設すると、1500円相当のビットコインがもらえます!

今、行動すれば1500円分の特典があなたのものに。減額される前にお急ぎください!

\スマホで簡単10分!/

【無料】bitFlyerで口座開設する

招待コード:ybvrtk1m

 

Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係に関するQ&A

Braveブラウザはどこの国で運営している?中国との関係は?に関するよくある質問3つ【Q&A】

最後に、Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係に関するQ&Aにお答えしていきます。

 

Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係に関するQ&A

  1. Braveブラウザは違法じゃない?
  2. Braveブラウザは無料で利用できる?
  3. Braveブラウザのユーザー数はどれくらい?

 

順番に解説していきます。

 

①:Braveブラウザは違法じゃない?

Braveブラウザは違法ではありません。

Braveブラウザは、広告ブロック、トラッキング防止、HTTPS Everywhere、Fingerprinting Protectionなどのプライバシー保護機能を備えた安全なブラウザです。

 

②:Braveブラウザは無料で利用できる?

Braveブラウザは無料で利用できます。

しかも、広告を見るとBraveRewardsという機能で仮想通貨BATを貯められます。

 

③:Braveブラウザのユーザー数はどれくらい?

Braveブラウザは、月間5000万人以上のユーザーに利用されています。

Braveブラウザのユーザー数は、2019年の約500万人から2022年には5,000万人を突破しています。

 

Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係を徹底調査まとめ

Braveブラウザは中国とは関係ありません

今回は「Braveブラウザはどこの国が運営?中国との関係|使ってみた感想」について解説しました。

 

最後におさらいしておきます。

 

結論、Braveブラウザはアメリカ発のプロジェクトで、中国の影響は一切受けていません。

 

なぜなら、以下の4つの調査結果と1つの事象で明確になったから。

 

【Braveブラウザはどこの国?中国との関係】Braveブラウザの調査結果 4つ

  1. アメリカのサンフランシスコにある会社が開発・運営
  2. 創設者はブレンダン・アイク氏
  3. 歴史を追っても中国との関係はない
  4. GitHubを見ても中国人のプログラマーは見当たらない

 

Braveブラウザと中国との関係は、2018年から2020年まで実施していた紹介プログラムのみ。

 

使ってみた感想としては、その速さとセキュリティの高さには本当に驚かされます。

 

プライバシーを守りつつ、快適なネットサーフィンを楽しみたいなら、Braveブラウザを試してみてはいかがでしょうか。

 

あなたのブラウジング体験が、もっと自由で安全なものに変わるかもしれませんよ。

 

新しい一歩を踏み出してみませんか?

 

Braveブラウザで仮想通貨BATを貯めるには、ビットフライヤーの口座が必要です。

無料で先に作っておけば、仮想通貨BATを取りこぼさなくて済みますよ!

招待コード「ybvrtk1m」を入力して口座開設すると、1500円相当のビットコインがもらえます!

今、行動すれば1500円分の特典があなたのものに。減額される前にお急ぎください!

\スマホで簡単10分!/

【無料】bitFlyerで口座開設する

招待コード:ybvrtk1m

ビットフライヤーおすすめ理由5選

 

>>【無料登録、最短10分】ビットフライヤーの口座開設方法

 

Braveブラウザの危険性・安全性を徹底検証【結論→問題なし】

Braveブラウザの危険性・安全性を徹底検証【結論→問題なし】

続きを見る

 

Braveブラウザの評判・口コミと個人的感想|メリット・デメリットも解説

Braveブラウザの使い勝手は?評判・口コミ・感想
Braveブラウザの評判・口コミと個人的感想|メリット・デメリットも解説

続きを見る

 

BraveでYouTubeをバックグラウンド再生する方法|できない場合の対処法

BraveのYouTubeバックグラウンド再生|見れない・できなくなった対処法

続きを見る

 

Braveプレイリストでオフライン再生する方法|特徴や注意点

プレイリストの作り方・使い方
Braveプレイリストでオフライン再生する方法|Androidでは使えない?

続きを見る

 

Braveブラウザ|仮想通貨BATの貯め方・稼ぐ方法【スマホOK】

Braveブラウザでの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方【効率の良い方法】
Braveブラウザ|仮想通貨BATの貯め方・稼ぐ方法【スマホOK】

続きを見る

 

Brave Rewards増えない・BATが貯まらない原因と対処法9つ

BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法
Brave Rewards増えない・BATが貯まらない原因と対処法9つ

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員としての働き方や将来に疑問と不安を抱き副業ブログを始める|NFTや仮想通貨、40代の人々が直面する悩みの解決を通して、これからの人生を豊かにする方法を発信|自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を救いたい!※当サイトでの仮想通貨とは、暗号資産のことを指します。

-仮想通貨