Braveブラウザ 仮想通貨

Braveブラウザはどこの国で運営している?中国との関係は?

 

悩んでいる人

Braveブラウザってどこの国で運営しているの?

怪しい国じゃない?

中国との関係についても教えてください。

 

こんなお悩みを解決します!

 

✔本記事の内容

  • Braveブラウザはどこの国?中国との関係は?【調査結果4つ】
  • Braveブラウザと中国との関係は「紹介プログラム」のみ

 

Braveブラウザは以下のメリットがある、とても魅力的なブラウザです。

 

  • 仮想通貨BATが稼げる
  • 広告ブロック機能がある
  • ページ読み込み速度が速い

 

でも、どこの国で運営しているのか気になりますよね?
YOSUKE

 

悩んでいる人
中国が関係しているのでは?と心配しています。

 

結論、Braveブラウザは中国とは関係ありません

 

今回は、Braveブラウザがどこの国で運営しているのか?中国との関係性について解説していきます。

 

本記事を読めば、Braveブラウザと中国との関係性が明確になりますよ!

 

Braveブラウザがどこの国で運営しているのか判明してから、Braveブラウザを使いたいという方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

なお、仮想通貨BATを貯めるにはビットフライヤーの口座が必要です。

無料で先に作っておけば、より多くの仮想通貨BATがもらえますよ!

 

\最短10分!即日取引OK/

【無料】bitFlyerで口座開設する

 

※「すぐにBraveブラウザがどこの国で運営しているのかについて知りたい!」という方は、「Braveブラウザはどこの国?中国との関係は?【調査結果4つ】」へと進んでくださいね!

 

Braveブラウザはどこの国?中国との関係は?【調査結果4つ】

 

Braveブラウザはどこの国が運営している会社?

 

それではさっそく、Braveブラウザはどこの国で運営しているのかを見ていきましょう。

 

調査結果は以下の通り。

 

Braveブラウザの調査結果4つ

  1. アメリカのサンフランシスコにある会社が開発・運営
  2. 創設者はブレンダン・アイク氏
  3. 歴史を追っても中国との関係はない
  4. GitHubを見ても中国人のプログラマーは見当たらない

 

順番に解説していきます。

 

①:アメリカのサンフランシスコにある会社が開発・運営

 

Braveブラウザの運営会社は、アメリカのカリフォルニア州・サンフランシスコにある「Brave Software」です。

 

概要は以下の通り。

 

Braveブラウザの概要

ブラウザ名  Brave(ブレイブ)
運営会社 Brave Software
本社所在地 アメリカ(カリフォルニア州 サンフランシスコ)
設立 2015年
創設者 ブレンダン・アイク氏
公式サイト https://brave.com/ja/
公式Twitter
https://twitter.com/bravesoftwarejp

 

グーグルマップで、本当にアメリカに実在するのかを調べてみました。

 

・Brave本社

(Braveサンフランシスコ)

→580 Howard St. Unit 402, San Francisco, CA 94105

 

 

Brave Softwareの口コミは以下の通り。

 

Brave Softwareの口コミ

 

 

アメリカに会社が実在することが確認できますし、口コミの評価も高いです。

 

また、東京の港区麻布十番にも日本支社(Brave Software Asia株式会社)があり、信頼できる会社と言えるでしょう。

 

②:創設者はブレンダン・アイク氏

 

Braveの創設者はブレンダン・アイク氏

引用元:Brave公式サイト

 

創設者のブレンダン・アイク氏は、数々の実績を残している有名なアメリカ人プログラマー。

 

ブレンダン・アイク(英: Brendan Eich、1961年 - )はアメリカ合衆国のプログラマであり、プログラミング言語 JavaScript の生みの親である。

引用元: Wikipedia

 

ブレンダン・アイク氏のおもな実績は、以下の通り。

 

・プログラミング言語の「JavaScript」開発

・「Mozilla」元CEO

・Webブラウザ「Firefox」開発元の共同創立者

 

素晴らしい実績を残していて、とても影響力のある人なので、いまさら危険なソフトウェアを開発する理由が見当たりませんね!
YOSUKE

 

③:歴史を追っても中国との関係はない

 

Braveブラウザの歴史は、以下の通り。

 

2015年、ブレンダン・アイク氏が「Brave Software」を設立し、「Brave」の開発を始める。

2016年2月、iOS版とAndroid版の「Brave」をリリース。

2016年8月、シードラウンドで450万ドルを調達。

2017年6月、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)によって、3500万ドルを調達。

2020年7月、国内仮想通貨取引所「bitFlyer」との提携を発表。

(この提携によりbitFlyer口座でBATを受け取れるようになる。)

2021年3月、オープン検索エンジン「Tailcat」の買収を発表。

2021年6月、「Brave Search」のベータ版をリリース。

 

Tailcatとは、ドイツのHubert Burda Media(Burda)傘下で、プライバシーを重視するCliqzが開発した検索エンジンサービスのこと

 

Braveブラウザの歴史を追っても、中国との関係はないと言えますね!
YOSUKE

 

④:GitHubを見ても中国人のプログラマーは見当たらない

 

Brave(ブレイブブラウザ)のプログラミングコードはオープンソース

引用元:Brave公式サイト

 

Braveブラウザのプログラミングコードは、オープンソースになっています。

 

オープンソースとは、ソフトウェアの設計図のようなものが一般公開されていること

 

オープンソースのソフトウェアは、ほかにもFirefox、WordPressなどがあります

 

以下のようにBraveブラウザは、GitHubでオープンソースのソフトウェアとして開発・公開されています。

 

BraveブラウザはGithubでオープンソースのソフトウェアとして開発

 

GitHubとは、世界中の人々がプログラムコードやデザインデータなどを保存・公開できるようにした、ソースコード管理サービスのこと

 

オープンソースは誰でも中身が見れるので、透明性や信頼性が高いと言えます!

GitHubを見てみても、中国人のプログラマーは見当たりません。

YOSUKE

 

Braveブラウザと中国との関係は「紹介プログラム」のみ

 

Braveブラウザと中国との関係性は「紹介プログラム」のみ

 

Braveブラウザと中国との関係性をネット検索しましたが、情報はほぼ皆無でした。

 

ただ1つだけ出てきた情報が、Braveが2018年から2020年まで実施していた紹介プログラムのみ。

 

紹介プログラムとは、Braveを紹介したコンテンツクリエイターにBATを配布するという、Brave独自のユーザー獲得キャンペーンのこと

 

この紹介プログラムは、中国を含めた5か国で不正行為者が続出したため、現在は終了しています。

 

Braveの紹介プログラムに関する重要なお知らせ 中国

引用元:Brave公式サイト

 

Braveブラウザはどこの国で運営している?中国との関係は?まとめ

 

Braveブラウザは中国とは関係ありません

 

今回は、Braveブラウザがどこの国で運営しているのか?中国との関係性について解説しました。

 

最後におさらいしておきます。

 

結論、Braveブラウザは中国とは関係ありません

 

なぜなら、以下の4つの調査結果と1つの事象で明確になったから。

 

Braveブラウザの調査結果4つ

  1. アメリカのサンフランシスコにある会社が開発・運営
  2. 創設者はブレンダン・アイク氏
  3. 歴史を追っても中国との関係はない
  4. GitHubを見ても中国人のプログラマーは見当たらない

 

Braveブラウザと中国との関係は、2018年から2020年まで実施していた紹介プログラムのみ。

 

安心された方は、広告ブロック機能や仮想通貨BATを稼げて信頼できるBraveブラウザをぜひ利用してみてください!

 

なお、仮想通貨BATを貯めるにはビットフライヤーの口座が必要です。

口座開設は入金不要でリスクなし。

無料で先に作っておけば、より多くの仮想通貨BATがもらえますよ!

 

\最短10分!即日取引OK/

【無料】bitFlyerで口座開設する

 

ビットフライヤーの口座開設のやり方はこちらの記事をご覧ください。

→ 【無料登録、最短10分】ビットフライヤーの口座開設のやり方を画像30枚でわかりやすく解説

 

おすすめ記事

 

Braveブラウザの使い方・始め方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ Braveブラウザの使い方・始め方|メリット・デメリットも解説

Braveブラウザの使い方・始め方|メリット・デメリットも解説

続きを見る

 

Braveブラウザで仮想通貨BATを稼ぐ方法について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ Braveブラウザでの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方【効率の良い方法】

Braveブラウザでの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方【効率の良い方法】
Braveブラウザでの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方【効率の良い方法】

続きを見る

 

BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法 

BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法
BraveブラウザでBATが貯まらない・増えない原因と対処法

続きを見る

 

Braveブラウザの評判・口コミ・感想について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ Braveブラウザの評判・口コミ・感想を解説【使い勝手は良い?】 

Braveブラウザの使い勝手は?評判・口コミ・感想
Braveブラウザの評判・口コミ・感想を解説【使い勝手は良い?】

続きを見る

 

Braveブラウザの危険性・安全性について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ 【危険性なし】Braveブラウザの危険性・安全性を徹底検証 

Braveブラウザの危険性・安全性を徹底検証【危険性なし】

続きを見る

 

BraveブラウザでYouTubeをバックグラウンド再生するやり方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ BraveブラウザでYouTubeをバックグラウンド再生するやり方

BraveブラウザでYouTubeをバックグラウンド再生するやり方

続きを見る

 

Braveプレイリストの作り方・使い方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

→ Braveプレイリストの作り方・使い方【オフライン再生可能】

プレイリストの作り方・使い方
Braveプレイリストの作り方・使い方【オフライン再生可能】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員|副業ブロガー|40代1児のパパ|サラリーマンとしての働き方や将来に疑問と不安を抱き、フリーランスを目指してブログを書き始める|過去の自分がやれば良かったことや、人生を豊かにするための方法を発信し、自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を少しでも多く救いたい!

-Braveブラウザ, 仮想通貨