NFT

NFT詐欺とは?詐欺事例・詐欺手口と対策方法|被害にあったときの対処法

※当サイトには広告が含まれています

 

NFTを始めてみたいけど詐欺が怖い。実際にあった詐欺事例と対策法を教えて。

 

こんなお悩みを解決します!

 

✔本記事の内容

  • NFT詐欺とは
  • 実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口と対策方法
  • 実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口
  • NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方
  • NFT詐欺被害にあったときの対処方法

 

結論、本記事を読めば詐欺被害にあうリスクを大幅に減らすことができます。

 

NFTは詐欺が多いイメージがあって、怖くて買えないですよね?

 

そこで今回は、NFT詐欺とは?詐欺事例・詐欺手口と対策方法|被害にあったときの対処法について解説していきます。

 

「NFT詐欺を理解し、安全対策をおこなってからNFT取引がしたい」という方は、最後まで読むと、NFT詐欺に関する全体像がわかり、NFT取引を安全におこなえますよ!

 

NFTの購入には仮想通貨が必要です。仮想通貨取引所は、各種手数料がすべて無料のビットポイントがおすすめ!

今だけ!2つのキャンペーンを併用すれば、最大5000円相当もらえます。

キャンペーンを最大限に活用して仮想通貨取引をお得に始めてください!

 

ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで5000円もらう方法

① ビットポイント紹介コード

最大1500円相当の日本円、またはビットポイントで取り扱う仮想通貨をもらえる

② ビットポイント口座開設キャンペーン ※2024年4月12日(金)16時

最大3500円相当のOSHIがもらえる

合計:最大5000円

ビットポイント紹介キャンペーン最大1500円

ビットポイント口座開設キャンペーンOSHI

ビットポイント口座開設キャンペーンOSHI2

ビットポイント口座開設キャンペーンOSHI3

ビットポイント口座開設キャンペーンは、2024年4月12日(金)16時まで!

紹介コード「IUILBNRXUC」、どうぞご利用くださいませ。

\スマホでかんたん5分/

BITPOINTで口座開設する

手数料すべて【無料】

 

ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで5000円もらう方法 

ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで3000円もらう方法
ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで3000円もらう方法

続きを見る

 

※「すぐにNFT詐欺とは何かを知りたい」方は、「NFT詐欺とは」へと進んでくださいね!

 

目次

NFT詐欺とは

NFT詐欺とは?

NFT詐欺とは、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)を利用した不正な行為のこと。

 

NFT詐欺には、おもに以下3つの手口があります。

  • ハッキング詐欺:無料配布を装ってウォレットキーやセキュリティフレーズを盗む
  • フィッシング詐欺:偽のマーケットプレイスやウォレットに誘導する
  • ラグプル詐欺:資金を持ち逃げする

 

イケハヤさんがYouTube動画で、NFT詐欺やトラブル事例について詳しく解説しています。

 

NFT詐欺事例・詐欺手口8選と対策方法

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口8選と対策方法

ここでは、実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口と対策方法について解説していきます。

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口は、以下の通り。

 

NFT詐欺事例・詐欺手口8選

  1. 偽公式サイトが表示される
  2. 偽コレクションサイトが表示される
  3. ツイッターやインスタグラムのDMでNFT取引を持ちかけてくる
  4. ツイッターのリプライでbotが絡んでくる
  5. DMで偽サイトに誘導される
  6. 偽のMetaMaskで偽メッセージが表示される
  7. フリーWi-Fiで個人情報を盗まれる
  8. 集めた資金を持ち逃げされる

 

順番に解説していきます。

 

①:偽公式サイトが表示される

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口1つ目は、偽公式サイトが表示されることです。

Google検索をすると、検索画面の一番上に偽サイトが表示される場合があります。

 

 

サイトのURLや作りは本物と似ているので、クリックしてしまうと12語のシークレットフレーズの入力を促され、情報を抜き取られる可能性があります。

 

対策方法

サイトのURLをしっかり確認しましょう。

 

②:偽コレクションサイトが表示される

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口2つ目は、偽コレクションサイトが表示されることです。

NFT取引ができるマーケットプレイス「OpenSea」で、NFTコレクションの偽サイトが表示される場合があります。

 

 

対策方法

OpenSeaの作品ページで以下の点などに、おかしな所がないか確認しましょう。

  • 発行体数
  • 取引高
  • フロアプライス

 

③:ツイッターやインスタグラムのDMでNFT取引を持ちかけてくる

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口3つ目は、ツツイッターやインスタグラムのDMでNFT取引を持ちかけてくることです。

ツイッターやインスタグラムのリプライやDMで、詐欺師がNFT取引を持ちかけてくる場合があります。

 

 

対策方法

知らない相手からのリプライやDMは基本的に無視しましょう。

 

④:ツイッターのリプライでbotが絡んでくる

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口4つ目は、ツイッターのリプライでbotが絡んでくることです。

例えば、ツイッターで「MetaMask」や「メタマスク」という単語を入力すると、スパムbotから詐欺リンクが掲載されたリプライが届きます。

 

 

リンクをクリックすると、ウォレットのシークレットフレーズの入力画面になり、入力するとウォレットの中身(仮想通貨やNFT)が盗まれる可能性も。

 

最近は少なくなりましたが、まだいるみたいですね!

 

対策方法

知らない相手からのリンクは基本的に無視しましょう。

 

⑤:DMで偽サイトに誘導される

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口5つ目は、DMで偽サイトに誘導されることです。

ツイッターやディスコードでDMを送りつけられて、偽サイトに誘導され個人情報を盗まれる場合があります。

 

 

公式を名乗り、以下の理由からウェブサイトにウォレットを繋げてくれとURLが送られてくるなどのDMが来ます。

  • ALに当選した
  • フリーミントできる

 

対策方法

知らない相手からのDMは基本的に無視しましょう。

 

⑥:偽のMetaMaskで偽メッセージが表示される

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口6つ目は、偽のMetaMaskで偽メッセージが表示されることです。

偽のMetaMaskで偽メッセージが表示され、個人情報が盗まれる場合があります。

 

 

具体的には、MetaMaskを偽装し、被害者のウォレットがセキュリティ上の問題で停止されるという偽の警告メールを送りつける手口です。

リンクをクリックさせて、アカウント確認を指示させようとします。

 

対策方法

MetaMaskの英語の文言をDeepLなどの翻訳ソフトで翻訳し、偽物かどうか確認しましょう。

 

⑦:フリーWi-Fiで個人情報を盗まれる

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口7つ目は、フリーWi-Fiで個人情報を盗まれることです。

公共のWi-Fiを利用して個人情報を盗まれる場合があります。

 

 

対策方法

フリー Wi-Fi利用時には、絶対にMetaMaskは開かないようにしましょう。

 

⑧:集めた資金を持ち逃げされる

 

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口8つ目は、集めた資金を持ち逃げされることです。

 

いわゆるラグプル詐欺です。

 

ラグプル詐欺とは、暗号通貨やNFTプロジェクトなどで、運営側が資金を持ち逃げしたり、大量に売却したりする「出口詐欺」のこと。

 

 

NFT人気が高まるにつれてラグプル詐欺も増えていくので、気をつけたいですね!

 

対策方法

  • 公式サイト
  • SNS
  • コミュニティ

などを確認して、運営の信頼性や透明性を判断をしましょう。

 

NFTオワコンの噂は本当?NFTの現状と未来を徹底解説 

NFTオワコンの噂は本当?NFTの現状と未来を徹底解説
NFTはオワコン・終わったと言われる理由と今後の将来性を徹底解説

続きを見る

 

海外のNFT詐欺事例・詐欺手口

実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口2選

 

ここでは、実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口について解説していきます。

実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口は、以下の通り。

 

海外のNFT詐欺事例・詐欺手口2選

  1. 「Doodled Dragons」のラグプル詐欺
  2. 「Ronin Bridge」のハッキング詐欺

 

順番に解説していきます。

 

①:「Doodled Dragons」のラグプル詐欺

実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口1つ目は、落書きのドラゴンを安価に買えるNFTプロジェクト「Doodled Dragons」のラグプル詐欺です。

収益はWWF(世界自然保護基金)に寄付するというものでした。

しかし、運営者はNFTを販売した数時間後、公式サイトやSNSアカウントを削除し資金を持ち逃げ。

被害額は約30,000ドル(約344万円)と推定されています

 

②:「Ronin Bridge」のハッキング詐欺

実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口2つ目は、「Ronin Bridge」のハッキング詐欺です。

NFTゲーム「Axie Infinity」のサイドチェーンである、ローニンネットワークへのブリッジ機能を提供する「Ronin Bridge」がハッキング詐欺被害に。

詳細は、2022年3月29日にハッカーが秘密鍵を使って出金を偽造し、約6億2500万ドル(約750億円)相当のイーサリアム(ETH)とUSDコイン(USDC)を流出。

6日間気付かずにいた運営側が、ユーザーからの報告を受けて今回のハッキングに気付いたというもの。

暗号資産市場最大といわれるハッキング事件となりました。

 

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方8選

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方8選

ここでは、NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方について解説していきます。

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方は、以下の通り。

 

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方8選

  1. 公式サイトをブックマークしておく
  2. シークレットリカバリーフレーズは絶対他人に教えない
  3. 複数のアカウントウォレットを作る
  4. NFTプロジェクトを入念に調べる
  5. OpenSeaで作品の詳細をチェックする
  6. 二段階認証でアカウントを保護する
  7. ツイッターやディスコードの設定を変更する
  8. セキュリティ対策ソフトやブラウザ拡張機能で詐欺を検知する

 

順番に解説していきます。

 

①:公式サイトをブックマークしておく

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方1つ目は、公式サイトをブックマークしておくことです。

Google検索などを使うと、フィッシング詐欺にあう確率が高まります。

よく使うOpenSeaやメタマスクなどの公式サイトは、ブックマークしておきましょう。

 

②:シークレットリカバリーフレーズは絶対他人に教えない

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方2つ目は、シークレットリカバリーフレーズは絶対他人に教えないことです。

シークレットリカバリーフレーズを聞いてきたら99%詐欺!

メタマスクを設定する際に入手するシークレットリカバリーフレーズは、「銀行の暗証番号」のようなもの。

シークレットリカバリーフレーズを第三者に教えてしまうと、メタマスクに入っている資産をすべて盗まれる可能性があります。

 

シークレットリカバリーフレーズは、DiscordのDMなどから聞いてくることがあるので、DiscordのDMは最初に拒否設定しておきましょう。

 

③:複数のアカウントウォレットを作る

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方3つ目は、複数のアカウントウォレットを作ることです。

メタマスクで複数のアカウントウォレットを作ることで、ハッキング対策になります。

なぜなら、万が一ハッキング被害にあった場合でも、資産をすべて失う可能性を回避できるから。

 

被害を最小限に抑えるためにも、リスク分散をしておきましょう!

 

保管用メタマスクの作り方|NFTの守り方【ハッキング対策】

保管用メタマスクの作り方|NFTの守り方【ハッキング対策】

続きを見る

 

④:NFTプロジェクトを入念に調べる

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方4つ目は、NFTプロジェクトを入念に調べることです。

NFTプロジェクトに参加する前に、公式サイトやSNSアカウントを確認し、背景や信頼性をよく調べましょう。

開発者やコミュニティメンバーが誰なのか、オープンソースコードが利用可能かどうかなど。

偽物のNFTプロジェクトは、公式サイトが存在しなかったり、SNSアカウントが活発でない可能性大。

また、NFTプロジェクトに関する口コミや評判を調べて、詐欺だと指摘されている場合は要注意です。

 

⑤:OpenSeaで作品の詳細をチェックする

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方5つ目は、OpenSeaで作品の詳細をチェックすることです。

作品ページを確認したり、メタデータやコントラクトアドレスをチェックしましょう。

 

チェックすべき点は、以下の通り。

  • 作品のオリジナル性
  • 作者の信頼性
  • コレクションの人気度
  • NFTの価格や取引履歴

 

正規の作品と似たような名前や画像を使っていたり、不自然に高い価格や急激な値上がり、取引量が少ないなどは詐欺の可能性が高いです。

 

⑥:二段階認証でアカウントを保護する

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方6つ目は、二段階認証でアカウントを保護することです。

二段階認証は、パスワード以外にも携帯電話やアプリで生成されるコードを入力することで、ログイン時のセキュリティを高める方法。

 

下記2つのモバイル認証アプリが一般的です。

  • Google認証システム
  • Authy

 

ちなみに、メタマスク自体は二段階認証が実装されていません。

 

 

アカウントの二段階認証は必須です!

 

⑦:ツイッターやディスコードの設定を変更する

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方7つ目は、ツイッターやディスコードの設定を変更することです。

 

かんたんに設定できますよ!

 

 

二段階認証も設定して防御力を高めておきましょう!

 

⑧:セキュリティ対策ソフトやブラウザ拡張機能で詐欺を検知する

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方8つ目は、セキュリティ対策ソフトやブラウザ拡張機能で詐欺を検知することです。

 

詐欺を防ぐおもなセキュリティ対策ソフトは、以下の通り。

  • セーフブラウジング:グーグル社が提供するWebサイトの安全性を確認するツールで、悪意のあるWebサイトかどうかを判断します
  • ウイルスバスタークラウド:トレンドマイクロ社が提供するセキュリティ対策ソフトで、AI技術で危険なWebサイトへのアクセスをブロックし、ネット詐欺の被害を未然に防ぐ
  • ノートン360デラックス:ノートンライフロック社が提供するセキュリティ対策ソフトで、パーソナルVPNやダークウェブ監視などの機能でオンライン上の個人情報やプライバシーを保護

 

詐欺を防ぐおもなブラウザ拡張機能は、以下の通り。

  • KEKKAI(結界): NFT盗難防止ツールで、取引内容のシミュレーションと詐欺取引の事前検知ができる
  • 詐欺ウォール: PCセキュリティの一部で、怪しいサイトやフィッシングメールから身を守る

 


 

NFT詐欺被害にあったときの対処方法3選

NFT詐欺被害にあったときの対処方法3選

 

ここでは、NFT詐欺被害にあったときの対処方法について解説していきます。

 

NFT詐欺被害にあったときの対処方法は、以下の通り。

 

NFT詐欺被害にあったときの対処方法3選

  1. ウォレットから資産をすべて抜き接続を解除する
  2. リボーク(Revoke)する
  3. 弁護士に相談する

 

順番に解説していきます。

 

①:ウォレットから資産をすべて抜き接続を解除する

NFT詐欺被害にあったときの対処方法1つ目は、ウォレットから資産をすべて抜き接続を解除すること。

 

もし、資産が一部残っている場合は、以下2つを実行しましょう。

  • 保有している仮想通貨やNFTを他のウォレットに全て移行する
  • ウォレットの接続を解除する

 

一度、詐欺被害を受けてしまったウォレットは、詐欺グループで共有されている可能性が高いです。

ウォレットは解除して使用中止にしましょう。リスク回避するために、事前に複数ウォレットを作っておくことをおすすめします。

 

②:リボーク(Revoke)する

NFT詐欺被害にあったときの対処方法2つ目は、リボーク(Revoke)すること。

 

リボーク/取り消し(revoke)とは、メタマスクなどのウォレットに入っている資産の操作権限を取り消すこと。

 

一度、アプルーブ/承認(Approve)してしまうと、ウォレットに入っている仮想通貨やNFTを転送する権限をずっと相手に与えている状態となります。

リボーク(Revoke)を行えば、ウォレットから勝手に資産が転送されるのを防げます。

メタマスクのリボーク(Revoke)の方法はいくつかありますが、一番かんたんなのはREVOKEというサイトを使うこと。

REVOKEでは、メタマスクに接続したことがあるサイトやアプリを一覧で見ることができ、そこから操作権限を取り消すことができます。

 

リボーク(Revoke)とは?メタマスクをリボークするやり方

リボーク(Revoke)とは?メタマスクをリボークするやり方
リボーク(Revoke)とは?メタマスクをリボークする方法・やり方

続きを見る

 

③:弁護士に相談する

NFT詐欺被害にあったときの対処方法3つ目は、弁護士に相談すること。詐欺被害にあったときは、弁護士に相談する方法も有効です。

なぜなら、弁護士事務所は初回無料で相談を受けているところもあるから。

 

高額な被害となった場合は、検討してみてください!

 

NFT詐欺事例・詐欺手口に関するよくある質問

最後に、NFT詐欺事例・詐欺手口に関するよくある質問をお答えしていきます。

 

NFT詐欺事例・詐欺手口に関するよくある質問

 

順番に解説していきます。

 

①:ポンジスキームとは何?

ポンジスキームとは、高いリターンをうたってNFT投資を勧め、新規投資者の資金で古参投資者に利益を支払う構造のものです。

 

②: 詐欺サイトでないかを見極めるためにチェックすべきことは?

チェックすべきことは、以下のとおりです。

  • 正式なURLかどうか確認する
  • https接続であることを確認する
  • サイトの評判や他のユーザーからのフィードバックをオンラインで調査する
  • 運営会社の情報やポリシーが明確に表示されているかチェックする

 

③: NFT詐欺の被害を少なくするために、購入金額に制限を設けるべき?

はい、NFTに投資する際はリスク管理の一環として、購入金額に制限を設けることが賢明です。

大きな額を投じる前に市場を理解し、詐欺に巻き込まれるリスクを最小限に抑えるために、初めは少額から始めることをお勧めします。

 

NFT詐欺とは?詐欺事例・詐欺手口と対策方法まとめ

NFT詐欺まとめ

今回は、NFT詐欺とは?詐欺事例・詐欺手口と対策方法|被害にあったときの対処法について解説しました。

 

最後におさらいしておきます。

 

NFT詐欺とは、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)を利用した不正な行為のこと。

 

実際にあったNFT詐欺事例・詐欺手口8選

  1. 偽公式サイトが表示される
  2. 偽コレクションサイトが表示される
  3. ツイッターやインスタグラムのDMでNFT取引を持ちかけてくる
  4. ツイッターのリプライでbotが絡んでくる
  5. DMで偽サイトに誘導される
  6. 偽のMetaMaskで偽メッセージが表示される
  7. フリーWi-Fiで個人情報を盗まれる
  8. 集めた資金を持ち逃げされる

 

実際にあった海外のNFT詐欺事例・詐欺手口2選

  1. 「Doodled Dragons」のラグプル詐欺
  2. 「Ronin Bridge」のハッキング詐欺

 

NFT詐欺被害を回避する方法・防ぎ方8選

  1. 公式サイトをブックマークしておく
  2. シークレットリカバリーフレーズは絶対他人に教えない
  3. 複数のアカウントウォレットを作る
  4. NFTプロジェクトを入念に調べる
  5. OpenSeaで作品の詳細をチェックする
  6. 二段階認証でアカウントを保護する
  7. ツイッターやディスコードの設定を変更する
  8. セキュリティ対策ソフトやブラウザ拡張機能で詐欺を検知する

 

NFT詐欺被害にあったときの対処法3選

  1. ウォレットから資産をすべて抜き接続を解除する
  2. リボーク(Revoke)する
  3. 弁護士に相談する

 

NFT取引を行う際には、詐欺手口に注意することが大切です。しかし、NFT取引はまだ新しい分野であり、今後も新たな詐欺手口が登場する可能性も。

 

常に情報を収集し、セキュリティ対策を徹底していきましょう!

 

NFTの購入には仮想通貨が必要です。仮想通貨取引所は、各種手数料がすべて無料のビットポイントがおすすめ!

今だけ!2つのキャンペーンを併用すれば、最大5000円相当もらえます。

キャンペーンを最大限に活用して仮想通貨取引をお得に始めてください!

 

ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで5000円もらう方法

① ビットポイント紹介コード

最大1500円相当の日本円、またはビットポイントで取り扱う仮想通貨をもらえる

② ビットポイント口座開設キャンペーン ※2024年4月12日(金)16時

最大3500円相当のOSHIがもらえる

合計:最大5000円

ビットポイント紹介キャンペーン最大1500円

ビットポイント口座開設キャンペーンOSHI

ビットポイント口座開設キャンペーンOSHI2

ビットポイント口座開設キャンペーンOSHI3

ビットポイント口座開設キャンペーンは、2024年4月12日(金)16時まで!

紹介コード「IUILBNRXUC」、どうぞご利用くださいませ。

\スマホでかんたん5分/

BITPOINTで口座開設する

手数料すべて【無料】

 

ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで5000円もらう方法 

ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで3000円もらう方法
ビットポイント紹介コードと口座開設キャンペーンで3000円もらう方法

続きを見る

 

NFTは意味ない?無価値と言われる理由|知っておくべき魅力

NFTは意味ない?無価値と言われる理由|知っておくべき魅力も紹介
NFTは意味ない?無価値と言われる理由|知っておくべき魅力も紹介

続きを見る

 

NFTアートには手を出すな!と言われる理由

NFTアートには手を出すな!と言われる理由を徹底解説します
NFTアートには手を出すな!と言われる理由|リスクや将来性も解説

続きを見る

 

日本人アーティストによる人気NFTアート作品20選【買い方】

日本人アーティストによる人気NFTアート作品20選【買い方も解説】
日本人アーティストによる人気NFTアート作品20選【買い方も解説】

続きを見る

 

NFTの始め方・買い方

NFTの始め方|スマホで簡単5STEP!メリット・デメリットも解説

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員としての働き方や将来に疑問と不安を抱き副業ブログを始める|NFTや仮想通貨、40代の人々が直面する悩みの解決を通して、これからの人生を豊かにする方法を発信|自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を救いたい!※当サイトでの仮想通貨とは、暗号資産のことを指します。

-NFT