NFT NFTアート NFTゲーム

NFTの始め方・買い方|スマホで初心者も簡単にできます

 

悩んでいる人

NFTを始めてみたいです。

スマホを使った始め方や買い方を教えてください。

 

こんなお悩みを解決します!

 

✔本記事の内容

  • NFTとは
  • NFTの始め方5STEP
  • NFTの買い方3STEP
  • NFTを始めるときの注意点3つ
  • NFTのよくある質問3つ

 

NFTを始めてみたいけど難しそうと思っていませんか?
YOSUKE

 

悩んでいる人
僕みたいな完全初心者でもNFT買えるの?

 

結論、本記事を読めばスマホのみで簡単にNFTを始められます

 

今回は初心者の方でも理解できるように、NFTの始め方、NFTの買い方について徹底解説していきます。

 

これからNFTを保有して資産を増やしていきたいという方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

なお、NFTを購入するにはイーサリアム(仮想通貨)が必要になります。

仮想通貨取引所の口座開設がまだの方は開設しておきましょう。

 

最初は多機能で初心者でも使いやすい、ビットフライヤーがおすすめですよ!

 

ビットフライヤーがおすすめな5つの理由

  1. ビットコイン取引量6年連続No.1
  2. 1円から購入できる
  3. ビットコインが貯まるクレカが作れる
  4. BraveブラウザとbitFlyerを連携することでBATを報酬として受け取れる
  5. Tポイントをビットコインに交換できる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

口座開設のやり方はこちらの記事をご覧ください。

→ 【無料登録、最短10分】ビットフライヤーの口座開設のやり方を画像30枚でわかりやすく解説

 

※「すぐに始め方について知りたい!」という方は「【スマホで簡単】NFTの始め方5STEP」へと進んくださいね!

 

それではいきましょう!

 

NFTとは

 

 

NFTとは「Non Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の略で、日本語で「非代替性トークン」という意味です。

 

非代替性とは「唯一無二で替えられない」、トークンとは「ブロックチェーン上で発行された電子的な証票」という意味。

 

つまりNFTとは「ブロックチェーン上で発行された唯一無二のデジタルデータ」のことです。

 

NFTの技術を用いることで、有名なクリエイターが描いたイラストにも希少性が生まれ高い価値をもつようになりました。

 

【スマホで簡単】NFTの始め方5STEP

 

 

それではさっそく、スマホで簡単にできるNFTの始め方を解説していきますね。

 

NFTの始め方の手順は、以下の5ステップ。

 

NFTの始め方5STEP

  1. 仮想通貨取引所で口座開設をする
  2. イーサリアム(ETH)を購入する
  3. MetaMask(メタマスク)を作成する
  4. イーサリアム(ETH)をメタマスクに送金する
  5. OpenSeaのアカウントを作成し、メタマスクに接続する

 

順番に解説していきます。

 

STEP①:仮想通貨取引所で口座開設をする

 

まずは、仮想通貨取引所で口座開設をします。

 

最初は多機能で初心者でも使いやすい、ビットフライヤーがおすすめですよ!

 

ビットフライヤーがおすすめな5つの理由

  1. ビットコイン取引量6年連続No.1
  2. 1円から購入できる
  3. ビットコインが貯まるクレカが作れる
  4. BraveブラウザとbitFlyerを連携することでBATを報酬として受け取れる
  5. Tポイントをビットコインに交換できる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

口座開設のやり方はこちらの記事をご覧ください。

→ 【無料登録、最短10分】ビットフライヤーの口座開設のやり方を画像30枚でわかりやすく解説

 

STEP②:イーサリアム(ETH)を購入する

 

続いて、ビットフライヤー(仮想通貨取引所)でイーサリアム(ETH)を購入します。

 

なぜならNFTのマーケットでは、多くの作品がイーサリアム(ETH)で売買されているから。

 

 

 

STEP③:MetaMask(メタマスク)を作成する

 

続いて、仮想通貨ウォレットのメタマスクを作成します。

 

NFTを購入するには、仮想通貨(イーサリアム ETH)を入れておくための個人の財布が必要となります。

 

仮想通貨ウォレットは、メタマスク以外にもたくさんありますが、最初は最も有名なメタマスクを使うのがおすすめです。

 

 

STEP④:イーサリアム(ETH)をMetaMask(メタマスク)に送金する

 

続いて、購入したイーサリアム(ETH)をメタマスクに送金していきます。

 

送付先アドレスを間違えてしまうとイーサリアム(ETH)を失ってしまうので、アドレスは必ずコピペするようにしましょう。

 

 

STEP⑤:OpenSeaのアカウントを作成し、メタマスクに接続する

 

続いて、OpenSeaのアカウントを作成し、メタマスクに接続します。

 

OpenSeaとは、NFTが売買されているマーケットプレイスのことです。

 

OpenSeaとメタマスクを接続することにより、OpenSeaでNFTを購入できるようになります。

 

 

【スマホで簡単】NFTの買い方3STEP|OpenSeaでの購入方法

 

 

つづいて、スマホで簡単にできるNFTの買い方を解説していきますね。

 

OpenSeaには、以下3つの購入方法があります。

 

  • 固定価格:売り手が指定した金額で購入できる
  • オファー:買い手が購入希望価格をオファーし承諾されれば購入できる
  • オークション:オークション形式で最高入札額を支払えば購入できる

 

今回は基本的な購入方法である、固定価格での買い方を例に解説していきます!
YOSUKE

 

NFTの買い方の手順は、以下の3ステップ。

 

NFTの買い方3STEP

  1. OpenSeaにアクセスする
  2. 買いたいNFTを選択する
  3. 購入を完了する

 

順番に解説していきます。

 

STEP①:OpenSeaにアクセスする

 

まずは、OpenSea公式サイトにアクセスします。

 

OpenSeaトップページ

 

STEP②:買いたいNFTを選択する

 

つぎに買いたいNFTを選択します。

 

今回はCNPを例に紹介していきます!
YOSUKE

 

OpenSeaのCNP画面

 

下にスクロールしていき、コレクションの中から欲しい作品を探します。

 

 

欲しい作品が決まったら、作品をタップして詳細を確認します。

 

 

下にスクロールして「カートに追加」をタップします。

 

 

MetaMask」をタップします。

 

 

接続」をタップします。

 

 

STEP③:購入を完了する

 

最後に「購入を完了」をタップします。

 

 

これでNFTの購入は完了です!

 

NFTを始めるときの注意点3つ

 

 

ここでは、NFTを始めるときの注意点を解説していきます。

 

NFTを始めるときの注意点は以下の3つ。

 

NFTを始めるときの注意点3つ

  1. 取引手数料(ガス代)がかかる
  2. シークレットリカバリーフレーズは絶対第三者に教えない
  3. 詐欺に注意する

 

順番に解説していきます。

 

①:取引手数料(ガス代)がかかる

 

NFTを始めるときの注意点1つ目は、売買するのに取引手数料(ガス代)がかかることです。

 

NFTの売買はおもにイーサリアムというブロックチェーン上で行われ、支払いにはイーサリアム(ETH)が使われます。

 

NFTを売買するには「ガス代」と呼ばれるイーサリアムネットワークを利用するための手数料がかかることを覚えておく必要があります。

 

ネットワーク利用者が多い時間帯はガス代が高くなってしまうので、ガス代がいくらなのかを確認してから購入しましょう!
YOSUKE

 

②:シークレットリカバリーフレーズは絶対第三者に教えない

 

NFTを始めるときの注意点2つ目は、MetaMask(メタマスク)のシークレットリカバリーフレーズは絶対第三者に教えないことです。

 

MetaMask(メタマスク)を設定する際に入手するシークレットリカバリーフレーズ は、「銀行の暗証番号」のようなもの。

 

シークレットリカバリーフレーズを第三者に教えてしまうと、MetaMask(メタマスク)に入っている資産をすべて盗まれる可能性があります。

 

シークレットリカバリーフレーズはDiscordのDMなどから聞いてくることがあるので、DiscordのDMは最初に拒否設定しておきましょう。

 

シークレットリカバリーフレーズを聞いてきたら99%詐欺です!

 

③:詐欺に注意する

 

NFTを始めるときの注意点3つ目は、詐欺に注意することです。

 

先ほどのシークレットリカバリーフレーズにも関係しますね!
YOSUKE

 

詐欺の代表例は以下の通り。

 

  • 偽サイトに誘導するフィッシング詐欺(偽OpenSea、偽MetaMask)
  • OpenSeaでの偽NFTの販売
  • NFTを偽ったファイルやリンクからウイルスに感染

 

具体的な対策として、以下のことに気を付けましょう!
YOSUKE

 

  • Google検索した時、一番上に表示される広告リンクはクリックしない
  • Discordの公式リンクからNFTを買うようにする
  • 送られてきたメールやDMが本物かどうか確認する
  • リンクを不用意にクリックしない
  • MetaMask(メタマスク)に入っている身に覚えのないNFTは触らない
  • TwitterのGiveawayツイートは本物かどうか確認する
  • Twitterのインフルエンサーアカウントが本物かどうか確認する

 

メールに記載されているリンクをクリックするだけで、MetaMask(メタマスク)の資産をすべて盗まれたという事象もあります。

 

基本的な対策としては、仮想通貨の世界で知られている概念である「DYOR」を徹底することです!

 

DYORとは「Do Your Own Research」の略で、「自分自身でリサーチする」という意味のネットスラング。

 

  • 情報リテラシーを高めて目の前にある情報だけを鵜呑みにしない
  • クリックする前に不審なものではないか自分で確認するクセをつける

 

上記の意識をもつことが大切です!
YOSUKE

 

NFTを始めるにあたってのよくある質問3つ【Q&A】

 

 

最後に、NFTを始めるにあたってのよくある質問についてお答えしていきます。

 

よくある質問は以下の通り。

 

NFTを始めるにあたってのよくある質問3つ

  1. NFTを所有すれば著作権も手に入るの?
  2. NFTの保管用ウォレットは作るべき?
  3. ミントサイトで「Set Approval For All」が表示されたら危ない?

 

順番に解説していきます。

 

質問①:NFTを所有すれば著作権も手に入るの?

 

NFTを所有しても著作権は手に入りません。

 

NFTを所有したとしても、著作権者の許可がなければ自由に著作物を改変・複製できません。

 

所有者が得られるのはあくまでもデジタルデータの保有証明。

 

日本で著作権も手に入れるには「著作権を譲渡する」という契約を結ぶ必要があります。

 

CDを購入したからといってCDに入っている楽曲の著作権は手に入らないのと一緒ですね。
YOSUKE

 

質問②:NFTの保管用ウォレットは作るべき?

 

NFTの保管用ウォレットは作るべきです。

 

取引用ウォレット(お財布)と保管用ウォレット(金庫)を分けてNFTを管理することで、ハッキング対策になります。

 

購入した大切なNFTは保管用ウォレット(金庫)に移しましょう!

 

2022年11月1日のイケハヤさんのVoicyで、NFTを盗まれないためにやることを話されています!
YOSUKE

 

 

質問③:NFTのミントサイトで「Set Approval For All」が表示されたら危ない?

 

NFTのミントサイトで「Set Approval For All」が表示されたら危険!

 

100%詐欺の偽ミントサイトです!

 

なぜなら、そもそもミントサイトで「Set Approval For All」が表示されることはないから。

 

「Set Approval For All」は日本語に直訳すると「すべての許可をあたえます」という意味。

 

偽のミントサイトでMetaMask(メタマスク)の全ての権限を「Set Approval For All」によって許可してしまうと、ウォレット内のNFTが盗難されてしまいます。

 

インフルエンサーのマナブさんも、2022年2月2日のTwitterで言及しています!
YOSUKE

 

 

まとめ:初心者でもスマホで簡単にNFTを始められます!

 

 

今回は、スマホで簡単にできるNFTの始め方・買い方について解説しました。

 

最後におさらいしておきます。

 

NFTの始め方5STEP

  1. 仮想通貨取引所で口座開設をする
  2. イーサリアム(ETH)を購入する
  3. MetaMask(メタマスク)を作成する
  4. イーサリアム(ETH)をメタマスクに送金する
  5. OpenSeaのアカウントを作成し、メタマスクに接続する

 

NFTの買い方3STEP

  1. OpenSeaにアクセスする
  2. 買いたいNFTを選択する
  3. 購入を完了する

 

NFTを始めるときの注意点3つ

  1. 取引手数料(ガス代)がかかる
  2. シークレットリカバリーフレーズは絶対第三者に教えない
  3. 詐欺に注意する

 

日本のNFT市場はだんだん盛り上がってきましたが、NFTを保有している人はまだまだ少数派です。

 

先行者利益を得るためにも、今からNFTを始めておけば資産を大きく増やせるかもしれません。

 

気になるNFTプロジェクトが登場したときに確実にチャンスを掴めるように、まずはイーサリアムの準備をしておいてはいかがでしょうか。

 

口座開設は混みあっていると時間がかかる場合があるので、早めの作成が安心です。

 

仮想通貨取引所は、最初は多機能で初心者でも使いやすいビットフライヤーがおすすめですよ!

 

ビットフライヤーがおすすめな5つの理由

  1. ビットコイン取引量6年連続No.1
  2. 1円から購入できる
  3. ビットコインが貯まるクレカが作れる
  4. BraveブラウザとbitFlyerを連携することでBATを報酬として受け取れる
  5. Tポイントをビットコインに交換できる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

口座開設のやり方はこちらの記事をご覧ください。

→ 【無料登録、最短10分】ビットフライヤーの口座開設のやり方を画像30枚でわかりやすく解説

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員|副業ブロガー|40代1児のパパ|趣味は筋トレと音楽鑑賞|サラリーマンとしての働き方や将来に疑問と不安を抱き、フリーランスを目指してブログを書き始める|過去の自分がやれば良かったことや、人生を豊かにするための方法を発信し、自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を少しでも多く救いたい!

-NFT, NFTアート, NFTゲーム