NFT

OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法も解説

※当サイトには広告が含まれています

 

 

今回は「OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法」に焦点を当てていきます。

 

NFTを楽しむあなたにとって、高騰するガス代は大きな障壁ですよね。

 

そんな中、ガス代を見直さなければ、あなたの大切な資産がどんどん無駄に消えてしまうかもしれません。

 

それは避けたいですよね。

 

ここでは、OpenSeaでの現在のガス代がいくらかを把握し、ガス代を減らすことで、もっと多くのNFTアートを手に入れるチャンスを増やす方法をご紹介します。

 

最後まで読めば、ガス代の節約に成功し、より豊かなNFTライフを送ることができますよ!

 

NFTの購入には仮想通貨が必要です。

仮想通貨取引所は、各種手数料がすべて無料のビットポイントがおすすめ!

ビットポイントのおすすめ理由3選

\最短5分!スマホで簡単/

BITPOINTで口座開設する

手数料がすべて無料

紹介コード「IUILBNRXUC」、どうぞご利用くださいませ。

 

NFTの始め方・買い方を解説|スマホで初心者も簡単

NFTの始め方|スマホで簡単5STEP!メリット・デメリットも解説

続きを見る

 

OpenSea(オープンシー)の現在のガス代を確認する方法

 

それではさっそく、OpenSeaの現在のガス代を確認する方法について解説していきますね。

 

ガス代の価格は常に変動しています。確認した時点とくらべて上下する可能性があることを覚えておきましょう。

 

OpenSeaでの現在のガス代が、いくらなのかを確認する方法は「Ethereumブロックエクスプローラー」を使用します。

 

おもなEthereumブロックエクスプローラーは、以下の2つ。

 

Ethereumブロックエクスプローラー 2つ

 

順番に解説していきますね。

 

①:Etherscan(イーサスキャン)

Etherscan(イーサスキャン)でガス代を確認する方法

引用元:Etherscan(イーサスキャン)

 

Etherscan(イーサスキャン)は、イーサリアムチェーン上のトランザクション履歴を確認できるツールです。

 

個人的には、Etherscan(イーサスキャン)が一番おすすめ!

 

Etherscan(イーサスキャン)を使った現在のガス代の確認方法は、以下の通り。

  1. Etherscan(イーサスキャン)にアクセス。
  2. 右上の「もっとその」→探る欄にある「Gas Tracker」の順にクリック。

 

以下のように、現在のイーサリアムネットワークの価格がそれぞれ表示されます。

  • 最低価格
  • 平均ガス価格
  • 最高価格

 

ほかにも過去のガス価格やガス使用量などもグラフで確認できますよ!

 

②:Blockchair(ブロックチェア)

Blockchair(ブロックチェア)でガス代を確認する方法

引用元:Blockchair(ブロックチェア)

 

Blockchairは、複数のブロックチェーンに対応したブロックエクスプローラー

 

例えば、

  • ビットコイン
  • リップル
  • バイナンスコインなど

 

イーサリアムのガス代も確認できます。

 

Blockchairを使った現在のガス代の確認方法は、以下の通り。

  1. Blockchairのウェブサイトにアクセス。
  2. メニューから「エクスプローラー」→「イーサリアム」の順にクリック。
  3. 下にスクロールし、ガス代トラッカー欄で現在のガス代(Gwei表示)を確認。

 

さらに細かく調べたい場合は「エクスプローラー」→「イーサリアム」→「チャート」の順にクリックし、必要なチャートを選択しましょう。

 

OpenSea(オープンシー)でガス代が発生するタイミング【販売時】

 

OpenSeaの販売時にガス代が発生するタイミングは、以下の通り。

  • 出品したNFTをキャンセルするとき
  • 出品したNFTへのオファーを受け入れるとき
  • オークションで最高入札者に売却するとき
  • NFTを送付(Giveaway)するとき
  • NFTデータをIPFSに保存するとき

 

NFTデータをIPFSに保存するとは、NFTのメタデータや画像などのデータをIPFSという分散型ストレージにアップロードすること。 NFTデータをIPFSに保存することで、NFTの永続性や耐久性を高めることができます。

 

基本的にはOpenSeaのサーバーに保存すると思うので、あまり気にしなくてOKかと。

 

OpenSea(オープンシー)でガス代が発生するタイミング【購入時】

 

OpenSeaの購入時にガス代が発生するタイミングは、以下の通り。

  • NFTを購入するとき
  • ETHをWETH(ラップドイーサ)に交換(スワップ)するとき
  • ETHをPolygon(ポリゴン)に移動(ブリッジ)するとき
  • 購入希望を出したオファーをキャンセルするとき
  • オークションの入札をキャンセルするとき

 

オファー形式やオークション形式でNFTを購入する場合、WETHを使用。

WETHはETHを交換(スワップ)する必要があり、その都度ガス代がかかります。

資金に余裕がある場合は、まとめてWETHに交換しておくと余計なガス代がかからずに済みますよ!

 

ガス代は、イーサリアムのネットワーク状況や取引量などによって変動します。ガス代は払い戻しできないので、ちゃんと確認して取引しましょう。

 

OpenSea(オープンシー)のガス代が安い時間帯・高い時間帯

 

OpenSeaのガス代は、イーサリアムネットワークの混雑状況によって変動します。

  • イーサリアムネットワークの負荷が少ないとき→ガス代が安い
  • イーサリアムネットワークが混雑しているとき→ガス代が高い

 

表にまとめると以下の通り。

ガス代が安い時間帯 ガス代が高い時間帯
日本時間の深夜から早朝にかけての時間帯 日本時間の午後から夜にかけての時間帯
土曜、日曜 平日

 

一般的に上記の通りでして、混雑状況によっては当てはまらない場合もあるので要注意!

 

実際の取引時にガス代の相場を確認することをおすすめします。

 

ちなみに、ガス代を確認するには以下のサイトが便利ですよ。

 

OpenSea(オープンシー)のガス代を安くする方法

 

ここでは、OpenSeaのガス代を安くする方法について解説していきます。

 

OpenSeaのガス代を安くする方法は、以下の4つ。

 

OpenSeaのガス代を安くする方法 4

  1. ガス代が安いタイミングを狙う
  2. 取引の処理速度を低速にする
  3. プライベートセールを利用する
  4. 手数料が安い取引所を利用する

 

順番に解説していきますね。

 

①:ガス代が安いタイミングを狙う

OpenSeaのガス代は、その時々によって大きく変動します。

取引時のリアルタイムのガス代が、平均とくらべてどれくらい違うのかを把握しましょう。

 

以下のサイトから、ガス代の相場を確認できますよ!

 

②:取引の処理速度を低速にする

OpenSeaでは、取引の処理速度を以下3段階に設定できます。

  • 低速
  • 中速
  • 高速

 

「低速」を選択すると、処理速度が遅くなる代わりにガス代を安くできますよ。

 

「低速」にすると取引に失敗する可能性も高まるので、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

 

僕も急な取引でない場合は「低速」にしています。

 

③:プライベートセールを利用する

プライベートセールは、特定の相手に直接NFTを販売する方法で、売買手数料が無料になります。

 

利用するには取引相手のウォレットアドレスが必要です。

 

④:手数料が安い取引所を利用する

ガス代を直接安くする方法ではありませんが、手数料が安い取引所を利用することも効果的。

なぜなら、NFT取引にはガス代以外にも、さまざまな手数料がかかるから。

 

たとえば、以下の通り。

  • 仮想通貨取引所でイーサを購入するとき
  • 仮想通貨取引所からメタマスクにイーサを送金するとき

 

そんな仮想通貨取引所は、手数料が安いビットポイントがおすすめです。

 

すでにほかの口座をもっている方でも、使い分けられるので便利ですよ。

 

紹介コードは良ければ「IUILBNRXUC」をお使いください。

 

ビットポイントの口座開設のやり方については、こちらをご覧ください。

→ BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法

 

そもそもOpenSea(オープンシー)とは

OpenSea(オープンシー)とは

 

OpenSeaとは、NFT(Non-Fungible Token)の売買プラットフォームのこと。

OpenSeaでは、世界中のアーティストやコレクターがデジタル資産の販売・購入を行うことができます。

 

例えるならAmazonのようなショッピングサイトです!

 

OpenSea(オープンシー)のガス代とは

OpenSea(オープンシー)のガス代とは

 

OpenSeaのガス代とは、OpenSeaでNFTの購入や売却時に支払われる手数料のこと。

イーサリアムチェーン上でトランザクション処理(取引や移動)を行うと発生します。

 

OpenSeaのガス代をざっくり言うと、以下の通り。

  • ガス代とはブロックチェーンの手数料(利用料)
  • どのブロックチェーンでも手数料(利用料)を支払う必要あり
  • OpenSeaで出品されているNFTは、基本的にイーサリアムブロックチェーンを使用

 

なんとなく理解できていれば大丈夫ですよ。

 

OpenSea(オープンシー)のガス代が発生する理由・仕組み

 

ガス代が発生する理由は、イーサリアムネットワーク上のマイナーに報酬を支払うため。

 

文字だけだとちょっと分かりづらいですよね。

 

図で説明すると以下の通りです。

 

OpenSeaでガス代が発生する仕組み

OpenSeaでガス代が発生する仕組み

ガス代は、トランザクションを実行するために必要なリソースの量によって変動します。

 

  • マイナーとは、イーサリアムネットワークを維持・管理している人たちのこと。(技術的な知識がある個人や企業など)
  • マイニングとは、コンピューターを使いブロックチェーン上のトランザクションを処理すること。

 

つまり、マイナーは自分のコンピューターリソースを投入し、トランザクション処理をして、ブロックチェーンの維持・管理をすることで、手数料(ガス代)や新しいイーサリアムトークンなどの報酬を得られます。

 

OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法に関するQ&A

 

最後に、OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法に関するQ&Aにお答えしていきます。

 

OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法に関するQ&A

  1. ガス代がかからないNFTはある?
  2. NFTのガス代の相場は?
  3. ガス代の単位は?
  4. ガス代の計算方法は?
  5. OpenSeaでガス代がかかると、どんな不利益がある?

 

順番に解説していきます。

 

①:ガス代がかからないNFTはある?

ガス代がかからないNFTはありません。

NFTの発行や売買には必ずイーサリアムネットワーク上でのトランザクションが必要で、それに伴いガス代が発生します。

 

ちなみに、Polygon(ポリゴン)などのレイヤー2ソリューションを利用するNFTは、購入時はガス代が無料ですが、イーサをポリゴンに移すとき(ブリッジ)にガス代がかかります。

 

②:NFTのガス代の相場は?

NFTのガス代の相場は、500円~1,000円程度が一般的な目安です。

ただし、時期や混雑状況によっては高額なガス代が必要になる場合も。

現在のガス代を確認してから取引することをおすすめします。

 

③:ガス代の単位は?

イーサリアムのガス代の単位はGwei(ギガウェイ)という単位で示されます。

  • 1イーサリアムあたりのガス価格はGwei。
  • 1イーサリアム = 10^9 Gwei。

 

例えば、1 Gweiのガス価格は0.000000001 ETHとなります。

 

④:OpenSeaのガス代の計算方法は?

ガス代は、イーサリアムネットーワーク上で行われる取引量に応じて決まります。

 

ガス代の計算方法は、以下の通り。

ガス代 = ガス単価(Gwei)× ガス量(Gaslimit)

 

  • Gweiとは、ガスの単位価格で、1イーサリアムの10億分の1。
  • Gaslimitとは、取引に必要なガス量。

 

つまり、Gweiは取引量が多くなると高騰し、取引量が少なくなると安くなります。

 

⑤: OpenSeaでガス代がかかると、どんな不利益がある?

高いガス代は、あなたの投資収益を減らし、貴重な作品を手に入れる機会を失わせる可能性があります。

 

OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法まとめ

 

今回は「OpenSea(オープンシー)のガス代はいくら?安くする方法」について、わかりやすく解説しました。

 

最後におさらいしておきます。

 

OpenSeaの現在のガス代が、いくらなのかを確認する方法は「Ethereumブロックエクスプローラー」を使用します。

 

おもなEthereumブロックエクスプローラーは、以下の2つ。

 

Ethereumブロックエクスプローラー 2つ

 

OpenSeaでガス代を安くするのは、ちょっとしたコツをつかむだけで、ずいぶん違うんですよね。

 

ガス代を節約することで、あなたのNFTの世界がぐんと広がります。

 

もっと作品を手に入れたい、投資を賢く増やしたい、そんなあなたの夢、この方法で叶えましょう!

 

今日からOpenSeaでのガス代を賢く節約して、あなたのNFTコレクションをもっと充実させていきませんか?

 

次の取引でこのテクニックを試してみてくださいね。

 

きっと、いい結果が待っていますよ!

 

NFTの購入には仮想通貨が必要です。

仮想通貨取引所は、各種手数料がすべて無料のビットポイントがおすすめ!

ビットポイントのおすすめ理由3選

\最短5分!スマホで簡単/

BITPOINTで口座開設する

手数料がすべて無料

紹介コード「IUILBNRXUC」、どうぞご利用くださいませ。

 

NFTアート買ってどうする?使い道・楽しみ方

NFTアート買ってどうする?使い道・楽しみ方|買うメリット・デメリットも解説

続きを見る

 

日本人アーティストによる人気NFTアート作品20選

日本人アーティストによる人気NFTアート作品20選【買い方も解説】
日本人アーティストによる人気NFTアート作品20選【買い方も解説】

続きを見る

 

NFT詐欺とは?実際にあった詐欺事例・詐欺手口8選と対策方法

NFT詐欺とは?実際にあった詐欺事例・詐欺手口8選と対策方法を解説
NFT詐欺とは?詐欺事例・詐欺手口と対策方法|被害にあったときの対処方法

続きを見る

 

OpenSea(オープンシー)の始め方・登録手順

オープンシー(OpenSea)の始め方・アカウント作成方法

続きを見る

 

オープンシー(Opensea)のログイン方法【スマホで接続できない?】

オープンシー(Opensea)のログイン方法【スマホでつながらない場合は?】
オープンシー(OpenSea)のログイン方法【スマホでメタマスクに接続できない】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSUKE

会社員としての働き方や将来に疑問と不安を抱き副業ブログを始める|NFTや仮想通貨、40代の人々が直面する悩みの解決を通して、これからの人生を豊かにする方法を発信|自分と同じように「仕事で悩んでいる人」「将来を不安におびえる人」を救いたい!※当サイトでの仮想通貨とは、暗号資産のことを指します。

-NFT